2008年5月22日木曜日

PODxt USBオーディオインタフェース

昨夜PODxtのオーディオインタフェース機能を使ってみた。
今までUSBで接続しても、エディットアプリを使ったりバージョンアップするぐらいしか使用していなかった。
話は変わるけど、最近は音の編集はWinを使ってます。
単純に持っているMacよりスペックが高いからという理由なんだけど。
ただ持っている唯一のオーディオインタフェースMOTU2408は、今や懐かしいPCIカードを使わなければならず、WinマシンにはPCIバスの空きがないのだ。
だからWinでは編集だけ(笑)
そこでふと思ったのが、PODxtのオーディオインタフェース機能を使ってみようかと。一応ASIO対応です。
で、使ってみると・・・
めちゃ便利(笑)
録音時の機材セッティングがすごく楽。
今までは、
ギター→PODxt→MOTU2408→PC(Cubase)→MOTU2408→HeadPhone or LineMixer
これが、
ギター→PODxt→PC(Cubase)→PODxt→HeadPhone
これだけ。
ただやはりオーディオインタフェースとしては貧弱なんで、バッファとかオフセットの設定は必要。
ちょっと感動したひと時でした。
というか、もう面倒だからこれしか使わんかも(笑)
ギター以外のパートは、Tube Preampっていうモードで使えば、若干ウォームな味付けのプリアンプ通した感じになります。
ああーPODx3欲しいな(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿