2013年2月17日日曜日

AmplitubeとAmpKit

スタジオ練習でFC-20を試してみた!
使ったアプリはAmplitubeとAmpKit。
どちらも無料版なので、アンプの種類は少なくて、その範囲のレビュー。
結論から言うと、AmpKitの方が好みだった。
何と無く音の立ち上がりがAmpKitの方が速かった。
まぁ無料のアンプモデルがAmpKitの方がハイゲインだったってのもあるけど、「これ結構普通に使えるやん」って感じ。
iRig BlueBoardとか発売されたら、普通にギターエフェクターとしてライブで使えるかも。
音色切り替えが演奏しながらだと厳しいけど、切り替えがしやすくなったら追加アンプとかエフェクターのアドオン買ってもいいかも。
でもiRigとメーカー違うから対応できるかどうか微妙。CoreMIDIに対応してたら行けると思んだけど。

2013年2月11日月曜日

FC-20

iPhoneにギターを接続するガジェットをまた買った。
前にiRigというものを買ったけど、ヘッドホンアウトしかないのでギターのエフェクタ替わりにしようとするとPA経由での出力になってしまう。
今回購入したのは、ヘッドホンアウトだけでなく、フォーンアウトもあるのでそのままパワーアンプに送ることもできる。
野望としては、iRig Blueboardとかと組み合わせてギター用エフェクタにしたいところ。



早速接続してみたんだけど、差し込みをちゃんとしないとクロストークでフィードバックするような感じになってしまう。
何度か差し込んでグリグリすると問題ない。まぁ古いシールド使ったんで、ケーブルの方が問題あると思うけど。

ちなみにiRigもFC-20もMacのマイク・ヘッドホン端子に使えるので、Macで音質気にせず手軽に録音したいときにも使えます。

まぁ昔はPerformer5220のマイクインに端子変換して、そのままStudioVisionに録音してたしね(^_^)




 


ギターを弾く

あまりにも家でギターを弾かないのでどんどん下手になっていく。。。 
自分の中ではこれぐらいのフレーズって思ってるのと、実際にできることに開きが出てきてる。 
これではイカンということで、手軽に弾けるように常に手の届くところにギターを出しておくことにした。 

メインギターは持ち運ぶのでいちいちケースに入れたりだしたりが面倒なんで仕舞ったままw
7弦ギターはちょっとチューニングが面倒だし、VAIモデルの白いギターは日焼けでクリーム色になるのを嫌ってださない。 
結局スタインバーガーにした。 

ちょっと弦が高いんだけど、大分前にストリングアダプターを購入してるので普通の弦が使えるようにしてます。


2013年2月8日金曜日

ローリングマシン

お買い物ブログに改名しようかなw

Tumblrの方には載せたけど、先週ローリングマシンを買った
タバコが値上がりしてから、手巻きタバコに移行
でも去年ぐらいから面倒になって、あまり巻かなくなった。
今まで翌日吸う分をローラーで巻いてたんだけど、30分ぐらい掛かるんでやらなくなってしまった。
当初あまり評判良くなくて買わなかったローリングマシンを買った。
中に葉っぱ入れれる。葉っぱがこぼれない。フィルタも一緒に持ち運べる。ハンドはまだまだ下手くそ。ともろもろの理由で購入。


値段は2000円ちょっと。
吸いたいときに巻けばいいんで時間もかからない。
想定ではそうだったんだけど、まだまだ珍しいんで人前で出しにくい。。。
色々聞かれるのが面倒。


バリスタ

なんかだんだんショッピングブログになってるけどw


ネスカフェのバリスタを買った!
正確にいうとオカンをそそのかして買った。
安物のコーヒーメーカーでコーヒー飲んでたけど、ドリップしたあとの豆を捨てたりと手軽さがないのと安物なんで基本的にドリップして終わり。
インスタントコーヒーでエスプレッソやカフェラテが作れるこれが前から気になってた。
タンクに水を入れておけば、スイッチですぐに湯を瞬間的に沸かして注いでくれる





この泡の感じがなかなかいい気分にさせてくる。
カップにミルクを入れると細くて勢いのあるお湯がでて、ミルクを泡立たせてくれる。